「未分類」カテゴリーアーカイブ

乾燥肌で化粧水の後の乳液の役割と効果を徹底解説

乾燥肌の人のスキンケアは、化粧水・美容液だけで終えてはいけません。

たとえ、その化粧水や美容液に、たっぷりと保湿成分が含まれているとしても、そこで終えてはダメ。乳液などを仕上げにつけることが不可欠ですよ!

■なぜ乳液が必要なのか?

なぜ、スキンケアの仕上げに乳液などが必要になってくるのかというと、化粧水や美容液で保湿成分をたっぷりと補給しても、その後、乳液等で適度に油分を与えてあげないと、せっかくの化粧水や美容液の保湿成分が、肌から逃げてしまいやすくなるからです。

化粧水・美容液・乳液には、それぞれ違う役割があります。

まず、化粧水というのは「有効成分の導入役」です。化粧水は水分が多く、水に近い感触なので肌に浸透しやすく、「ある程度の美容成分を水分とともに角質層の奥まで届ける」という役割を果たすことができます。

そして、化粧水よりもとろみのある美容液は、いきなり肌につけるとちょっと浸透しにくいのですが、導入役の化粧水で肌がやわらかくなっていることで、美容液の濃厚な有効成分が、スッと肌に入っていきやすくなるのです。

つまり化粧水と美容液は「保湿成分などの有効成分を、角質層の内側に満たすためのもの」と言えます。ですから、角質層内のうるおい成分であるセラミドや天然保湿因子などの配合が求められるわけですね。

これに対して乳液は、「油分とその他の美容成分で肌表面をなめらかにし、角質の毛羽立ちや乾燥を改善する」という役割を持っています。よく「油分でフタ」などと言われますが、正確には「肌表面に油分で適度ななめらかさとうるおいを与えることで、角質そのもののすき間を少なくし、水分蒸発防止力を高める」という感じですね。乳液の油分がラップのように水分蒸発を防ぐ、というのとはちょっと違うのです。

普通肌や脂性肌の人は、適度な皮脂分泌によって「肌からうるおいが逃げない、すき間のない角質」ができあがっているので、乳液なしのスキンケアでもOK、というケースもありますが、角質層が乾燥して縮み、すき間が多い状態となっている乾燥肌の人は、そうはいきませんよ。

■乳液だけのスキンケアでもいいの?

というわけで、乾燥肌のスキンケアには乳液などでの仕上げが不可欠となります。

では逆に「化粧水や美容液を使わずに乳液だけ」というスキンケアはアリなのでしょうか?

答えとしては・・・これも、おすすめできません。

なぜなら、乳液というのは化粧水や美容液のように「角質層の奥まで有効成分を浸透させる」というものではなく、あくまで肌表面をなめらかにするのが主目的のものだからです。

乳液をたっぷりつけても、角質層の内部には保湿成分などがじゅうぶんに浸透できず、乾燥状態があまり改善されないままになってしまうのです。「外はしっとりしていても、中はカサカサ」という感じになるわけですね。

「化粧水→美容液→乳液という手順を守ってこそ、それぞれの働きが生かされる」ということを理解しておきましょう。

■こんな乳液は選んじゃダメ!

では最後に、「乾燥肌改善のために、選んではいけない乳液」についてお話ししましょう。

まず、表示成分名に「ミネラルオイル」「流動パラフィン」「ワセリン」などが含まれているものは、避けたほうが無難です。

これらはすべて、石油を原料とした「鉱物油」の成分。

鉱物油成分は、かつては「肌が黒くなる黒皮病の原因となる」というリスクがありましたが、現在では精製度が高いため「安定性に優れ、酸化しにくい安全な油である」と言われるようになってきています。

昔とは状況が違うのに、それでも鉱物油を避けたほうがいいのはなぜかというと・・・鉱物油は、落ちにくいのです。

つまり、鉱物油がたっぷりの乳液を毎日つけていると、洗顔やクレンジングでその鉱物油成分を落としきれず、古い鉱物油成分が肌に残り続けるというリスクが出てくるわけです。

あと、避けるべき成分と言えば、ラウリル硫酸Naやラウレス乳酸Naなどの石油系合成界面活性剤も挙げられますね。

界面活性剤は、水分と油分を混ぜるための成分で、水分と油分を両方含んでいる乳液には必ず何らかの界面活性剤が使われていますが、その中でも石油系合成界面活性剤は刺激性が強く、バリア機能を低下させてしまうリスクがあるため、避けるべきなのです。

ストッキング探しに四苦八苦

日本の南の地方で生まれの色黒肌です。
自分が色黒だということに上京して初めて気が付きました。
ガングロブームもはるか昔、周りの女の子はみんな美白肌。
ホワイトニングスキンケアに心がけつつ数年が過ぎましたが、やはり地黒は解消できずにいます。

地黒10-1
地黒で損をしたことは、ストッキングが似合わないことです。
学生の頃は良かったのですが、就職して毎日ストッキングを履くようになってから、自分の肌に合ったカラーを見つけるのにすごく苦労させられました。

色白~普通肌の脚であればよく馴染む色が、私が履くと白く浮いてしまうことが多いのです。
「スキニーベージュ」や「ヌーディベージュ」などはそれです。

白い肌に茶色いストッキングを合わせても問題ないのに、その逆はなんだか見た目に違和感があるのはなぜなんでしょうか。
「健康的なベージュ」などと書かれることも多い黒っぽい肌色のカラーは、地黒肌をますます黒くさせ、くすんで見せる場合すらあります。

地黒10-2
かといってブラックのストッキングはシックすぎるし・・・。
メーカーによって同じカラー名称でも、少しずつ色が違うのも困ってしまいます。

色白モデルのメイクの真似ができない悩み

地黒9-1
いつもファッション雑誌をお手本にメイクをするのですが、雑誌の手順通りにメイクをしてもなんだか見た目が変になってしまいます。
それもそのはず、地黒の自分が色白のモデルさんと同じようなメイクを真似出来るはずがありません。

オレンジ色のアイシャドウが可愛いと思って試してみても、肌の色に溶け込んでしまい、アイホールがくすんで見えてしまいます。
茶系だと色が馴染んではくれますが、馴染みすぎてよくすっぴんと間違われてしまいます。

色白の人には肌馴染みのよい淡いピンクのアイシャドウでも、地黒の肌には白く浮いてしまい、逆に濃いメイクと思われてしまいます。
アイシャドウも色選びが難しいのですが、チークはさらに色選びが難しいです。

色白の人だと綺麗に発色してくれるような優秀なチークでも、地黒の肌だとあまりぱっとしません。

可愛らしく見せようとチークを頬に入れても、何度も頬にチークを重ねないと全く色が出てくれず、ようやく色が出たかなと思っても肌色に合わなかったりします。

地黒9-2
顔のメイク以外に、ネイルの色でも苦労しています。
色白の人に合うネイルの色は地黒には似合わない事が多いんです。

ネイルだけ浮いてしまう事も度々あります。
メイクをしないわけにもいかないので、化粧品選びは地黒にも合うかどうかじっくりと時間をかけて買うようにしています。

白雪姫にも傷ついて青春時代

地黒8-1
地黒だからといっていじめられたりした経験は特にありませんが、やはり青春時代は地黒ということにかなり悩まされました。
小学生の中学年のころから自分は周りに比べて肌が黒いな、と思うようになり、小学校高学年になったときに周りは冬になるとみんな肌の色が白くなるのに全く白くならない自分の肌を見て両親が「地黒だから」と言ったことで決定的になりました。それまで「地黒」という言葉も知らなかったので衝撃的でした。

それから自分の肌の黒さが気になるようになり、ちょっとしたことで傷つくようになりました。
例えば白雪姫です。

「白雪姫はとてもかわいく、その肌は雪のように白かった」というフレーズにどれほど傷ついたことでしょう。

地黒3-1
また最近ではかなり黒めのファンデーションもありますが、昔はファンデーションの色もそんなに揃ってなく、高校時代にはファンデーションがどうしても白浮きしてしまい、本当に悩みでした。
色の白い人はたいてい肌もきれいで肌の色が白いというだけで、ひときわ輝いて見えたものです。

今ではそこまで悩んでいませんが、やはりテレビで色白の人を見かけるとうらやましくなってしまいます。

北海道人ですが、色黒地黒です

地黒7-1
私は地黒な上に顔が濃いので、純日本人であるにも関わらず、南国出身者にされていることが損をしているなーと感じます。
いや、南国出身者が悪いと言っているわけではありません。
けれども、私は私の両親ともに、北海道生まれ北海道育ちですから、つかみのネタ的に言われるのは、ちょーっと心外かなーと思いますね。

これで顔が薄い顔ならばいいのですが、いかんせん東南アジア出身者のようなこゆい顔ですから、海でバカンスして焼けている的に思われることもあり、勝手にあそんでいるイケイケイメージをつけられていることも損だなぁーと感じています。

また、「色の黒い子ー」と呼ばれるのだって、いい気持ちはしませんね。
また、影で勝手に「カレー」とあだ名がついていたことも…。

それに北海道の人って、色白の人が多いですからね。
そのなかで私のように地黒ですと、地元公立学校のなかにいても、本州出身者だと思われることもありましたね。

けれども、損したことばかりではなくって、色白肌ではなく色黒肌ですから、日焼けしてもヒリヒリ痛くないところは色黒で良かった唯一ぐらいのことでしょうか。

華やかな場には地黒は向かない

地黒6-1
美白ブームが世の中を席巻する中、地黒の人はとても厳しい環境におかれています。
美白化粧水や美白乳液を使い、紫外線対策も行っているのに、元々が黒いのであまり効果がありません。
顔を一生懸命白くしても首が黒いので、顔だけ白浮きして余計滑稽になってしまいます。

特に結婚式などでは若い女性は白や黒ではなく、美しい色のドレスを着て場を華やかにする役割があると思うのですが、地黒なのに水色やピンクなどの淡い色のふんわりしたドレスを着てしまい、後日、自分の写った画像をチェックしてみると、首から上が切り離されているような写りでした。

写真のフラッシュは飛ばしの効果があるので、淡い色に反応してドレスはより明るい色になり、首から上のずっしりした印象が顕著になります。

結婚式に参加した友人たちも集合写真を見て、これはありえないというような話をしていて、とても嫌な気分になりました。

それ以来、結婚式には黒色のドレスばかり着て行くようになりました。

地黒は華やかな場所ではあまり目立たない服を着なければいけないという事がとても損だと思いました。

第一印象最悪!

地黒5-1
地黒で嫌な思いはたくさんしました。
小さい頃は、日に焼けた真っ黒な肌のせいで、汚いといつもいじめられていました。
近づくとばい菌と言われるので、段々と自分は価値のない人間なんだと自信がなくなっていったのは当たり前ですよね。
他人に自分より劣るやつと思われるようで、軽んじられることも多かったです。

小さく細い身体つきのせいもあるでしょうが、地黒が一番の原因だと思います。
大人になってお化粧やネイルを覚えましたが、なかなか自分にあった色を探すのに苦労します。

好きな色と似合う色は全く違うのが悲しいです。
ネイルはきれいなピンクなど塗ると、黒いのが強調され年齢より年上の手のように見えます。

派手かなと思う赤やゴールドを塗ると、しっくりと肌の色に合ってほっそり見えるのですが、仕事には不向きです。
お化粧もファンデーションの色を合わせるのが難しく、大抵首と肌色が違い白浮します。

好きな化粧品メーカーでも、一番濃いオークルも色が合わなくてガッカリします。
子どもにも遺伝してしまい、二人とも地黒で、なんだか申し訳ないです。

夏は手足をだす格好をするので、地黒には憂鬱な季節です。
地黒5-2

地黒のせいでいじめの対象になりました。

地黒4-1
地黒が悩みで今までに色々と嫌な思いをしてきました。
一番心に残っているのは、小学生の頃です。
小学生というと、なんでも素直に言ってしまう年頃なので相手を傷つけるという悪気がない時もあります。

クラスの男子に「色が黒くて男みたいで可愛さが全くないな」とからかわれたことがすごいショックで、夏の季節の半袖半ズボンの服装が嫌で、体育の時間も外ですと日焼けをするので出るのが嫌で仮病を使ったりと、すごく辛かったです。

地黒4-2
おまけに男子達に付けられたあだ名は「黒こげ」でした。
私にはきちんとした名前があるのに黒こげと名付けられて、色が黒いキャラクターや物を見れば私みたいだとからかわれる日々で、それがきっかけで学校に行きたくなくなりました。

なんで私は他の女子と違ってこんなに黒いのだろうとすごく悩んで、生きているのが辛くなったこともありました。
なんで地黒なだけでこんなにもからかわれて、いじめられているのかとすごく嫌な思いをしました。

親に相談をしても軽く流されて、誰も私の気持ちをわかってくれる人はいませんでした。
大人になった今は精神面も強くなり、まったく気にしなくなりましたが子供の頃はなんでも敏感だったのですごく辛かったです

ファンデーションを選ぶのにも苦労します。

地黒3-1
地黒のせいでファンデーションを選ぶのにもすごく大変な思いをします。
なかなか色があわず時間がかかってしまいます。
自然なオークルを選んでも首との色が違うからどうしても暗めのファンデーションにしてしまい余計に黒いのが目立ち本当にずっと色白になりたい!と思っていました。

最初、自分ではそんな地黒という意識があまりなかったのですが やはり色白の友達の隣を歩くとあまりにも対照的なのか周りの友達にまでえ?みたいな顔で見られるようになりすごく恥ずかしくて悩んでいました。

なるべく色を白くするために化粧水も美白のものを使い美白のためにたくさんのものを使い試しましたが、なかなか地黒が治らず本当に悲しかったです。

友達にもよく色が黒いことをおちょくられるようになり本当にずっとずっとコンプレックスで色白の子と並ぶのが本当に嫌でした。
あまり、日本人でそこまで地黒ってなかなか居ないから本当に目立つから色白の子が羨ましくて仕方ありませんでした。

地黒3-2
以前とは違い少しは色が白くなりました。
毎日、肌のケアを欠かさずしたおかげかな?と少しだけ効果が出てきてうれしく思っています。

幼少期から嫌なことだらけの地黒

ziguro1-1
地黒で嬉しいって人いるんでしょうか?
ガングロブームならましも、今や世間はどの化粧品も美白、美白と謳っています。
小さい頃から、どこに旅行に行ったわけでもないのに「あら~どこに遊びに行ったの?真っ黒に日焼けして。」と言われ悲しい思いをしたことは数えきれません。

そして子供のはゴボウとかコゲとか幼心に傷つくようなあだ名をつけられたことも多々ありました。
夏の間は周りの子達もそれなりに焼けていました。

まぁ自分が一番だったのに変わりはありませんが。
だから普段気にはしていても夏の間はまだいい方なんです。

ziguro1-2

なにが一番辛いって、冬の寒い時に黒々としている顔って見れたものじゃありませんよ。
違和感ありすぎでした。
大人になったら露骨に地黒の事をバカにしたりからかったりする人はほとんどいませんでした。

でも友人同士で集まったり、写真を撮ったりするとやはり化粧をしていても自分だけが特別黒い気がしてなんとも切ない気持ちになったものです

そしてきわめつけが彼氏です。
皮肉なことに彼氏が色白で隣にいると余計自分の地黒が目立ってしまいます。

どうやってもかなわない地肌の白さに彼氏なのにジェラシーを感じてしまいました。
今度生まれ変わったら、絶対に地黒ではなく色白に生まれたいです。

ziguro1-3