乾燥肌で化粧水の後の乳液の役割と効果を徹底解説

乾燥肌の人のスキンケアは、化粧水・美容液だけで終えてはいけません。

たとえ、その化粧水や美容液に、たっぷりと保湿成分が含まれているとしても、そこで終えてはダメ。乳液などを仕上げにつけることが不可欠ですよ!

■なぜ乳液が必要なのか?

なぜ、スキンケアの仕上げに乳液などが必要になってくるのかというと、化粧水や美容液で保湿成分をたっぷりと補給しても、その後、乳液等で適度に油分を与えてあげないと、せっかくの化粧水や美容液の保湿成分が、肌から逃げてしまいやすくなるからです。

化粧水・美容液・乳液には、それぞれ違う役割があります。

まず、化粧水というのは「有効成分の導入役」です。化粧水は水分が多く、水に近い感触なので肌に浸透しやすく、「ある程度の美容成分を水分とともに角質層の奥まで届ける」という役割を果たすことができます。

そして、化粧水よりもとろみのある美容液は、いきなり肌につけるとちょっと浸透しにくいのですが、導入役の化粧水で肌がやわらかくなっていることで、美容液の濃厚な有効成分が、スッと肌に入っていきやすくなるのです。

つまり化粧水と美容液は「保湿成分などの有効成分を、角質層の内側に満たすためのもの」と言えます。ですから、角質層内のうるおい成分であるセラミドや天然保湿因子などの配合が求められるわけですね。

これに対して乳液は、「油分とその他の美容成分で肌表面をなめらかにし、角質の毛羽立ちや乾燥を改善する」という役割を持っています。よく「油分でフタ」などと言われますが、正確には「肌表面に油分で適度ななめらかさとうるおいを与えることで、角質そのもののすき間を少なくし、水分蒸発防止力を高める」という感じですね。乳液の油分がラップのように水分蒸発を防ぐ、というのとはちょっと違うのです。

普通肌や脂性肌の人は、適度な皮脂分泌によって「肌からうるおいが逃げない、すき間のない角質」ができあがっているので、乳液なしのスキンケアでもOK、というケースもありますが、角質層が乾燥して縮み、すき間が多い状態となっている乾燥肌の人は、そうはいきませんよ。

■乳液だけのスキンケアでもいいの?

というわけで、乾燥肌のスキンケアには乳液などでの仕上げが不可欠となります。

では逆に「化粧水や美容液を使わずに乳液だけ」というスキンケアはアリなのでしょうか?

答えとしては・・・これも、おすすめできません。

なぜなら、乳液というのは化粧水や美容液のように「角質層の奥まで有効成分を浸透させる」というものではなく、あくまで肌表面をなめらかにするのが主目的のものだからです。

乳液をたっぷりつけても、角質層の内部には保湿成分などがじゅうぶんに浸透できず、乾燥状態があまり改善されないままになってしまうのです。「外はしっとりしていても、中はカサカサ」という感じになるわけですね。

「化粧水→美容液→乳液という手順を守ってこそ、それぞれの働きが生かされる」ということを理解しておきましょう。

■こんな乳液は選んじゃダメ!

では最後に、「乾燥肌改善のために、選んではいけない乳液」についてお話ししましょう。

まず、表示成分名に「ミネラルオイル」「流動パラフィン」「ワセリン」などが含まれているものは、避けたほうが無難です。

これらはすべて、石油を原料とした「鉱物油」の成分。

鉱物油成分は、かつては「肌が黒くなる黒皮病の原因となる」というリスクがありましたが、現在では精製度が高いため「安定性に優れ、酸化しにくい安全な油である」と言われるようになってきています。

昔とは状況が違うのに、それでも鉱物油を避けたほうがいいのはなぜかというと・・・鉱物油は、落ちにくいのです。

つまり、鉱物油がたっぷりの乳液を毎日つけていると、洗顔やクレンジングでその鉱物油成分を落としきれず、古い鉱物油成分が肌に残り続けるというリスクが出てくるわけです。

あと、避けるべき成分と言えば、ラウリル硫酸Naやラウレス乳酸Naなどの石油系合成界面活性剤も挙げられますね。

界面活性剤は、水分と油分を混ぜるための成分で、水分と油分を両方含んでいる乳液には必ず何らかの界面活性剤が使われていますが、その中でも石油系合成界面活性剤は刺激性が強く、バリア機能を低下させてしまうリスクがあるため、避けるべきなのです。