華やかな場には地黒は向かない

地黒6-1
美白ブームが世の中を席巻する中、地黒の人はとても厳しい環境におかれています。
美白化粧水や美白乳液を使い、紫外線対策も行っているのに、元々が黒いのであまり効果がありません。
顔を一生懸命白くしても首が黒いので、顔だけ白浮きして余計滑稽になってしまいます。

特に結婚式などでは若い女性は白や黒ではなく、美しい色のドレスを着て場を華やかにする役割があると思うのですが、地黒なのに水色やピンクなどの淡い色のふんわりしたドレスを着てしまい、後日、自分の写った画像をチェックしてみると、首から上が切り離されているような写りでした。

写真のフラッシュは飛ばしの効果があるので、淡い色に反応してドレスはより明るい色になり、首から上のずっしりした印象が顕著になります。

結婚式に参加した友人たちも集合写真を見て、これはありえないというような話をしていて、とても嫌な気分になりました。

それ以来、結婚式には黒色のドレスばかり着て行くようになりました。

地黒は華やかな場所ではあまり目立たない服を着なければいけないという事がとても損だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です